• imeka管理人

積算評価とは

不動産用語における「積算評価」とは、不動産の価値を評価する計算方法のひとつで、土地の価値と建物の価値をそれぞれ別に評価(現在価値による評価)し、それを合算するという評価方法でである。

「この土地を今すぐ購入し、まったく同じ建物を建てるとしたときにかかる費用」を求めるという考え方で不動産の評価を行い、別名「原価法」と呼ばれます。


つまり、その土地を購入し、造成した更地に今と同じ建物を建築すると仮定して、原価を計算するものです。こうして得られた価格を「再調達原価」といい、その価格から経年などによる減価分を差し引くことにより、実態に近い不動産の価値を求めます。


金融機関としては、担保に設定された不動産の売却価格を把握したいので、積算評価を用いることが一般的なので、融資の可否や融資額の上限を決定する重要な指標となります。

<土地の評価法として使われる他の方法> 収益還元法

収益還元法は、投資物件の購入を検討する際の評価法として有益です。



0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

不動産とは?そもそも何?

不動産って? 不動産ってそもそも何を示すのでしょうか。 名前の通り「土地及びその定着物は、不動産とする」と定義されています。 不動産の代表といえば土地ですがこの定義通りに考えると、その土地にあるもので押したら動かないものが不動産になります。 土地に固定されている倉庫は不動産になりますが、簡易式のトイレなどは不動産とはなりません。 立木も同じように土地に根を張っていますので不動産となります。 それで

すまいの給付金 最大50万円

<どんな給付金?> 住宅を購入する時に年収に応じて最大50万円もらえる給付金 <条件> 収入額775万円以下の方が対象に最大50万円が給付される(年収によっての給付額は下記の図を参照) 住宅の床面積50㎡以上 中古住宅適用可能 5年以上の住宅ローンを申し込んだ人か、現金購入した50歳以上の人が対象 <申請先> 福岡のすまい給付金申請窓口検索ページ http://sumai-kyufu.jp/app

不動産の売却について、よくある質問を掲載しています。

購読登録してください

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Pinterest Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Snapchat Icon

© 2020 by LINKS created with ange na japan planning CO.,LTD

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now