• imeka管理人

地役権

地役権とは、

一定の目的の範囲内で、他人の土地(承役地)を自分の土地(要役地)のために利用する物権のことをいいます(民法第280条)。


例えば、自分の土地と公道が接続してない場合に、他人の土地を通行(私道)する場合などの目的で設定されます。

そのほかでは、用水路から水を引く場合か、眺望や日照の確保のために建物の高さの制限をする場合に設定される場合もあります。


この場合、自分の土地のことを「要役地」、他人の土地のことを「承役地」と言います。地役権の契約は双方の合意によって行われます。地役権の設定後に不動産を売買する場合、地役権も合わせて移転します。切り離して売買することはできません。






閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

婚姻期間が20年以上の夫婦間で居住用不動産または居住用不動産を取得するための金銭の贈与が行われた場合、基礎控除110万円のほかに最高2,000万円まで控除(配偶者控除)できるという特例。

個人から財産をもらったときにかかる税金。 会社など法人からもらった時は、所得税がかかります。 債務の免除や保険料を負担していない生命名保険金を受け取った場合なども贈与税になります。 参考サイト:国税庁HPhttps://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/zoyo/4402.htm

選択した贈与者ごとにその年の1月1日から12月31日までの1年間に贈与を受けた財産の価額の合計額2,500万円まで控除されます。 (翌年2月1日から3月15日の間に申告必須) 前年以前にこの特別控除の適用が受けたことがある場合、2,500万円からその金額が控除されます。