• imeka管理人

住宅ローン減税 最大500万円

更新日:2020年6月20日



<どんな給付金?>

住宅ローン残高に合わせて所得税が10年間減税される。


<計算方法>

「上限額」「住宅ローン残高×1%」「所得税額」のうちの小さい方が適用されます。

一般住宅上限額 40万円

耐震・耐久性や省エネなどの要件をクリアした認定住宅の上限額 50万円

さらに2019年10月から2020年9月までの間に住宅を購入すると、その減税期間が通常より3年間延長される


<条件>

所得が3000万円以下、住宅ローンの返済期間が10年以上、床面積50m2以上

中古住宅、リフォーム適用可能(ただし、100万円以上、耐震や省エネ改修工事などの要件を満たす必要がある)

会社員は一旦所得税を納めて「還付」という形で減税される

控除は確定申告の際に個人単位で申請する「2021年12月31日」までに住み始めた人対象


<申請先>

住所地の所轄税務署

https://www.nta.go.jp/about/organization/fukuoka/location/fukuoka.htm



<申請時期>

購入し入居した年度に確定申告を行う


<管理人からの一言>

入居したらまずこの手続きを行いましょう!







2020年6月1日現在

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

築古物件は、住宅ローン控除によって購入を避けられる傾向があります

不動産流通経営協会は、6月8日に「中古住宅購入における住宅ローン利用など実態調査」結果を発表しました。 この調査の目的を簡単に説明すると「住宅ローン控除によって中古住宅購入者が築年数を重視して住宅を選ぶかどうか」です。 住宅ローン控除には、(木造一戸建て築20年以内、マンション築25年以内)の要件があります。これにより最大13年間で500万円が戻ってくるという制度です。この制度を利用するために要件

スレート葺

スレートはセメントに砂などの混ぜ物をして圧縮成型して作った薄い板のことを言います。 瓦に比べ軽く耐久性があります。落下した時も被害が少ないので阪神大震災以降よく使われるようになりました。 木造スレート葺は一番一般的な住宅です。アパートにも使われます。