• imeka管理人

住宅を購入するための資金贈与の非課税



<どんな制度?>

住宅資金として親族から贈与を受けた場合最大1200万円までが非課税となる


<ポイント>

相続時生産課税制度と組み合わせて使うことも可能


<価格>

最大1000万円



<条件>

直系の血縁関係(子・孫)

贈与の対象者はその年の1月1日時点で20歳以上である

贈与対象者の年収が2000万円以下である

金銭の贈与の場合のみ

住宅取得前

建物の登記床面積が50-240㎡

2009-2014にこの制度を利用していない

贈与を受けた年の翌年3月15日までに入居が確実である

要件を満たす中古住宅購入やリフォームにも適用可能である。



<申請先>

住所地の所轄税務署

https://www.nta.go.jp/about/organization/fukuoka/location/fukuoka.htm



<申請時期>

贈与を受けた翌年に確定申告を行う


<管理人からの一言>

贈与を受ける予定の人は金額にかかわらず一度専門家に相談しましょう!






2020年6月1日現在

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

築古物件は、住宅ローン控除によって購入を避けられる傾向があります

不動産流通経営協会は、6月8日に「中古住宅購入における住宅ローン利用など実態調査」結果を発表しました。 この調査の目的を簡単に説明すると「住宅ローン控除によって中古住宅購入者が築年数を重視して住宅を選ぶかどうか」です。 住宅ローン控除には、(木造一戸建て築20年以内、マンション築25年以内)の要件があります。これにより最大13年間で500万円が戻ってくるという制度です。この制度を利用するために要件

スレート葺

スレートはセメントに砂などの混ぜ物をして圧縮成型して作った薄い板のことを言います。 瓦に比べ軽く耐久性があります。落下した時も被害が少ないので阪神大震災以降よく使われるようになりました。 木造スレート葺は一番一般的な住宅です。アパートにも使われます。