• imeka管理人

住宅を購入するための資金贈与の非課税



<どんな制度?>

住宅資金として親族から贈与を受けた場合最大1200万円までが非課税となる


<ポイント>

相続時生産課税制度と組み合わせて使うことも可能


<価格>

最大1000万円



<条件>

直系の血縁関係(子・孫)

贈与の対象者はその年の1月1日時点で20歳以上である

贈与対象者の年収が2000万円以下である

金銭の贈与の場合のみ

住宅取得前

建物の登記床面積が50-240㎡

2009-2014にこの制度を利用していない

贈与を受けた年の翌年3月15日までに入居が確実である

要件を満たす中古住宅購入やリフォームにも適用可能である。



<申請先>

住所地の所轄税務署

https://www.nta.go.jp/about/organization/fukuoka/location/fukuoka.htm



<申請時期>

贈与を受けた翌年に確定申告を行う

 


<管理人からの一言>

贈与を受ける予定の人は金額にかかわらず一度専門家に相談しましょう!






2020年6月1日現在

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

婚姻期間が20年以上の夫婦間で居住用不動産または居住用不動産を取得するための金銭の贈与が行われた場合、基礎控除110万円のほかに最高2,000万円まで控除(配偶者控除)できるという特例。

個人から財産をもらったときにかかる税金。 会社など法人からもらった時は、所得税がかかります。 債務の免除や保険料を負担していない生命名保険金を受け取った場合なども贈与税になります。 参考サイト:国税庁HPhttps://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/zoyo/4402.htm

選択した贈与者ごとにその年の1月1日から12月31日までの1年間に贈与を受けた財産の価額の合計額2,500万円まで控除されます。 (翌年2月1日から3月15日の間に申告必須) 前年以前にこの特別控除の適用が受けたことがある場合、2,500万円からその金額が控除されます。