• imeka管理人



<どんな制度?>

住宅資金として親族から贈与を受けた場合最大1200万円までが非課税となる


<ポイント>

相続時生産課税制度と組み合わせて使うことも可能


<価格>

最大1000万円



<条件>

直系の血縁関係(子・孫)

贈与の対象者はその年の1月1日時点で20歳以上である

贈与対象者の年収が2000万円以下である

金銭の贈与の場合のみ

住宅取得前

建物の登記床面積が50-240㎡

2009-2014にこの制度を利用していない

贈与を受けた年の翌年3月15日までに入居が確実である

要件を満たす中古住宅購入やリフォームにも適用可能である。



<申請先>

住所地の所轄税務署

https://www.nta.go.jp/about/organization/fukuoka/location/fukuoka.htm



<申請時期>

贈与を受けた翌年に確定申告を行う


<管理人からの一言>

贈与を受ける予定の人は金額にかかわらず一度専門家に相談しましょう!






2020年6月1日現在

0回の閲覧0件のコメント
  • imeka管理人

最終更新: 2020年6月20日



<どんな給付金?>

住宅ローン残高に合わせて所得税が10年間減税される。


<計算方法>

「上限額」「住宅ローン残高×1%」「所得税額」のうちの小さい方が適用されます。

一般住宅上限額 40万円

耐震・耐久性や省エネなどの要件をクリアした認定住宅の上限額 50万円

さらに2019年10月から2020年9月までの間に住宅を購入すると、その減税期間が通常より3年間延長される


<条件>

所得が3000万円以下、住宅ローンの返済期間が10年以上、床面積50m2以上

中古住宅、リフォーム適用可能(ただし、100万円以上、耐震や省エネ改修工事などの要件を満たす必要がある)

会社員は一旦所得税を納めて「還付」という形で減税される

控除は確定申告の際に個人単位で申請する「2021年12月31日」までに住み始めた人対象


<申請先>

住所地の所轄税務署

https://www.nta.go.jp/about/organization/fukuoka/location/fukuoka.htm



<申請時期>

購入し入居した年度に確定申告を行う


<管理人からの一言>

入居したらまずこの手続きを行いましょう!







2020年6月1日現在

  • imeka管理人

最終更新: 2020年6月19日




<どんな給付金?>

住宅を購入する時に年収に応じて最大50万円もらえる給付金


<条件>

収入額775万円以下の方が対象に最大50万円が給付される(年収によっての給付額は下記の図を参照)

住宅の床面積50㎡以上

中古住宅適用可能

5年以上の住宅ローンを申し込んだ人か、現金購入した50歳以上の人が対象

<申請先>

福岡のすまい給付金申請窓口検索ページ

http://sumai-kyufu.jp/application/send/forms/search/?pref_id=40&address=&page=1

<申請時期>

住宅の引き渡しをうけてから1年以内(現在1年3カ月)

通常1.5-2カ月程度で給付金受領


<管理人からの一言>

もっとも受けやすい給付金なので、絶対に申請しましょう!








2020年6月1日現在

不動産の売却について、よくある質問を掲載しています。

購読登録してください

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Pinterest Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Snapchat Icon

© 2020 by LINKS created with ange na japan planning CO.,LTD

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now