• imeka管理人

こんにちは。

令和2年8月28日(金)に水害ハザードマップの重要事項説明が義務化されます

ここ数年の気象による災害などが影響しているかと思います。


売買でも賃貸でも義務化されます。

説明には不動産がある市町村が発行する各種ハザードマップを添付して説明されます。


今までも説明自体は行われていましたが、義務化されたことにより重要度が上がりました。


水害ハザードマップは

  • 0.5m未満

  • 0.5m-3.0m未満

  • 3.0m-5.0m未満

  • 5.0m以上

であらわされます。


但し、不動産購入の際に気を付けていただきたいのは、ハザードマップだけがすべてではないということです。

水害ハザードマップに指定されていないところでも水害の可能性はありますし、指定されていても、水害がないところもあります。


過去の災害時にどうだったかを売主様や不動産会社に聞くのをおすすめします。



  • imeka管理人



<どんな制度?>

福岡市で道路に面している危険なブロック塀などの除去費用の一部を助成します


<価格>

上限15万円



<条件>

下記1-3の道路に面して設けられているブロック塀等が対象です。


  1. 高さが2.2mを超えるコンクリートブロック塀

  2. 高さが1.2mを超えるコンクリートブロック塀で,控え壁が有効に設けられていないもの

  3. 概ね高さ1m以上のブロック塀で,調査により著しいひび割れ又は傾きが認められ,特に危険な状態にあるもの なお,ブロック塀等とは,コンクリートブロック造,石造,れんが造その他組積造による塀(フェンスなどとの混用の場合も含む)および門柱です。



<申請先>

建築物安全推進課

住所:福岡市中央区天神1丁目8の1

電話番号:092-711-4574

FAX番号:092-733-5584

Mail:kenchiku-anzen.HUPB@city.fukuoka.lg.jp



<申請時期>

工事着工の1カ月前まで


<管理人からの一言>

古屋をお持ちの方は思わぬ事故を起こさないように一度チェックしてみてくださいね





2020年6月25日現在

  • imeka管理人



<どんな制度?>

現金で住宅を購入した人が受けられる所得税の減税措置「認定長期優良住宅」「認定低炭素住宅」に該当する未使用の家屋をローンを組まずに取得した人が所得税を最大65万円控除できる制度


<価格>

最大65万円控除



<条件>

「認定長期優良住宅」「認定低炭素住宅」に該当する未使用の家屋をローンを組まずに取得した人

床面積が50㎡以上

購入者の所得が3000万円以下

新築住宅(建売住宅も可能)




<申請先>

住所地の所轄税務署

https://www.nta.go.jp/about/organization/fukuoka/location/fukuoka.htm



<申請時期>

贈与を受けた翌年に確定申告を行う


<管理人からの一言>

ワンランク上のハイグレード物件を購入する人のための制度!






2020年6月1日現在

0回の閲覧0件のコメント

不動産の売却について、よくある質問を掲載しています。

購読登録してください

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Pinterest Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Snapchat Icon

© 2020 by LINKS created with ange na japan planning CO.,LTD

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now